御福まつかわや
着物各種お仕立て帯各種お仕立てガード加工・ゆのし加工など

女性の寸法入力はこちら男性の寸法入力はこちら八掛見本帳


1 入金確認
お振込み、カード決済完了の確認が出来次第、寸法の確認に入らせて頂きます。

2 寸法の確認
寸法入力フォームより頂いた寸法を元にお仕立て可能かを確認し、お仕立て開始のご連絡を致します。

●お着物を既にお持ちの方は身長と体重、お着物の寸法をお知らせください。
●長襦袢をお持ちの方は最低限、身長と体重、長襦袢の裄、袖巾、袖丈をお知らせください。
●お着物をお持ちでない方は、最低限、身長と体重をお知らせください。当店で割り出し致します。

※お手持ちのお着物がお体に合っていない 場合もお気軽にご相談くださいませ。

3 お仕立て・加工等
お仕立てに入らせて頂きます。注文の状況にもよりますが、約1か月〜2か月で出来上がって参ります。
お召しになるお日にち等ございましたらご連絡ください。

※特急券をご利用いただきますと2週間以内(紋入れ有は3週間)に仕立て上がるように手配致します。

4 配送・お届け
お着物が出来上がって参りましたらメールにてご連絡の上、佐川急便にてお客様のもとへお届け致します。


【ご注意】〜ご了承頂きたい事について〜

●ご入金が確認でき次第、お仕立に入らせて頂きます。
●当店でお買い上げの商品以外のお仕立てはお断りさせて頂きます。
●寸法、紋の種類等のご連絡が頂けない場合、仕立て上がりも遅くなりますので、出来る限りお早めにご連絡下さいませ。
●海外仕立ては特急券を利用できません。
●一旦お送りしました商品をお仕立てする場合は、そのまま商品を当店に送って頂きますようお願い申し上げます。
(当店宛の送料及び、お客様宛の送料はお客様のご負担となり、別途頂戴いたします。ご了承くださいませ。)
●お仕立後のキャンセルは出来ません。
 
よくある質問

【着物全般のお仕立てについて・・・】

●袷仕立て
裏地を付けるお仕立てです。
大体10月〜5月(地域によって異なります)に着るお着物のお仕立てです。
( 関連お仕立て : 黒留袖 色留袖 振袖 訪問着 付け下げ 色無地 小紋 上反  喪服 )

●単衣仕立て
裏地を付けずに仕立てます。
大体6月〜9月に着るお着物の仕立てです。(夏物を含む)
( 関連お仕立て : 黒留袖 色留袖 振袖 訪問着 付け下げ 色無地 小紋 上反  喪服 )

 

イシキ仕立て
イシキ仕立てとはお着物の裾から腰あたりまで、イシキという 広い布を当てることにより、縫い目を保護し、表生地が破れるのを防ぎます。
お召しになるときすべりが良い利点もございますので、当店ではイシキ仕立てをオススメしています。

・背ぶせ仕立て
裏地を付けずに仕立てます。
大体6月〜9月に着るお着物の仕立てです。(夏物を含む)
背ぶせ仕立てとはお着物の背縫い部分を強化する力布(背ぶせ)を付けて背縫い目が破れるのを防ぎます。

 



【比翼のお仕立てについて・・・】
●比翼仕立てとは
一般的な留袖または五つ紋、三つ紋色留袖のお仕立てです。
(一つ紋色留袖は訪問着と同格のため比翼はオススメしておりません)
比翼(白羽二重の見せかけの着物)を着物の内側に付けます。
( 関連お仕立て : 黒留袖 色留袖 )

・衿、上前比翼仕立て
比翼を衿、上前オクミのみつけます。
一般の比翼仕立てより比翼が少ない分、お召しになるときお着物が軽くなります。

・単衣イシキ比翼仕立て
裏地を付けずに仕立てます。
大体6月、9月(地域によって異なります)に着る単衣留袖の仕立てです。
イシキ仕立てとはお着物の裾から腰あたりまで、イシキという広い布を当てることにより、縫い目を保護し、表生地が破れるのを防ぎます。
衿、上前オクミにのみ比翼を付けます。

・夏の絽単衣比翼仕立て
夏の絽留袖のお仕立てです。
比翼は衿、上前身頃、上前おくみにつきます。(絽の比翼生地となります)
背ぶせ仕立てとなります。(背ぶせ仕立てとはお着物の背縫い部分を強化する力布(背ぶせ)を付けて背縫い目が破れるのを防ぎます。)

 



【コートのお仕立てについて・・・】
●コート・羽織袷仕立て
主に袷の着物の上に防寒として着ます。
( 関連お仕立て : コート・羽織 )

●コート・羽織単衣仕立て
主に単衣の着物の上に着ます。
着物には基本的に単衣の時期も薄羽織、塵除けコート、薄ショールなどをお召しになることをオススメ致します。(何も羽織らないで外出する格好を「たけのこ」と言います)
( 関連お仕立て : コート・羽織 )

 



【長襦袢のお仕立てについて・・・】
●長襦袢イシキ仕立て(女物のみ)
裏地を付けずに無双袖(二重袖)で仕立てます。
一般にこちらのお仕立てをオススメしています。
イシキ仕立てとはお着物の裾から腰あたりまで、イシキという広い布を当てることにより、縫い目を保護し、表生地が破れるのを防ぎます。
お召しになるときすべりが良い利点もございます。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

●女物袷仕立て
長襦袢の裏に胴裏生地が付くお仕立てでございます。
真冬の寒い時期や、重量感がありますので、高級なお着物、正式なお着物などに合わせる長襦袢にもお奨めです。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

●振袖襦袢仕立て(袷仕立てのみ)
お振袖の下に着る長襦袢のお仕立てでございます。
当店では、袷仕立てでさせていただきます。
*衿は衿元が美しくなるよう、正式な広衿となります。
バチ衿をご希望の方は事前にお知らせくださいませ。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

●純単衣仕立て(男女共通)
単衣のお着物の下に着ていただく長襦袢のお仕立てでございます。(麻の襦袢を除く)
袖も単衣となります。
表生地の縫い目補強のため、イシキをお付けいたします。
*夏の半衿をお付けいたしますので、冬半衿をご希望の場合は備考欄にてご連絡くださいませ。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

●夏仕立て(男女共通)
夏物の長襦袢のお仕立てを致します。
麻の襦袢はさらっとして涼しく、手洗いもして頂けます。
5〜9月の単衣時期間着ていただけます。
夏襦袢には、イシキあてもお付けしませんので、盛夏の長襦袢として最適です。
*半衿は女性は白、男物はおまかせとなります。(参考にお着物のお色をご連絡ください)
( 関連お仕立て : 上布 長襦袢 )

●男物袷仕立て
長襦袢に裏地が付くお仕立てでございます。(裏地は当店のお任せとなります)
半衿の色は紺色、鼠色、茶色よりお選びいただけます。
ご希望の色を備考欄にお書きください。
*ご記入の無い場合はお任せとなります。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

・えもん抜き
えもん抜きとは、衿元をすっきりと抜く為の布で、手早くキレイに着る事ができ便利です。
特に着慣れていない方にオススメです。
長襦袢の背に取り付け、紐を通して固定します。
( 関連お仕立て : 長襦袢 )

 



【袴のお仕立てについて・・・】
●馬乗り袴仕立て
キュロットスカートのようなズボン型でマチがあり、馬に跨る事ができるように作られています。
一応正式として一般的に多い形となっており、歩きやすいという利点があります。
( 関連お仕立て :  )

●行灯袴仕立て
タイトスカートのような筒型で馬乗り袴を簡略化したものです。
格式としては馬乗りと同格で、正式としても問題はありません。
お手洗いに行きやすいという利点があります。
( 関連お仕立て :  )

 



【絽、紗、羅、夏の着物のお仕立てについて・・・】
・イシキ仕立て
裏地を付けずに仕立てます。
大体6月〜9月に着るお着物の仕立てです。(夏物を含む)
イシキ仕立てとはお着物の裾から腰あたりまで、イシキという広い布を当てることにより、縫い目を保護し、表生地が破れるのを防ぎます。
お召しになるときすべりが良い利点もございますので、当店ではイシキ仕立てをオススメしています。

背ぶせ仕立て
裏地を付けずに仕立てます。
大体6月〜9月に着るお着物の仕立てです。(夏物を含む)
背ぶせ仕立てとはお着物の背縫い部分を強化する力布(背ぶせ)を付けて背縫い目が破れるのを防ぎます。

●小千谷着物の仕立て(男女共通)
小千谷ちぢみのお着物のお仕立てを致します。(男女共通)
麻織物はイシキをお付けいたしませんので、自宅で手洗いしていただけます。
*女物は広衿となります。バチ衿希望の方は備考欄でお知らせください。(衿裏は綿となります)
( 関連お仕立て : 上布 )

●上布仕立て(男女共通)
上布のお着物のお仕立てを致します。
麻織物はイシキをお付けいたしませんので、自宅で手洗いしていただけます。
*女物は広衿となります。
バチ衿希望の方は備考欄にてお知らせください。(衿裏は上布の衿裏となります)
( 関連お仕立て : 上布 )

 



【海外仕立てについて・・・】
当店ではリーズナブルな価格が魅力の海外仕立てもございます。
最近では海外の仕立ても綺麗な仕上がりになっておりますので、できるだけ価格を抑えてお着物を購入したい方には是非お勧め致します。
だたし、特急券をご利用頂けませんのでご注意くださいませ。
( 関連お仕立て : 訪問着 付け下げ 色無地 小紋  )

 



【パールトーン、ガード加工について・・・】
基本的には防水、防汚効果は一緒ですが、パールトーン加工には保証、保険がついております。
しぼの強い鬼ちりめんなどの生地は縮みやすいため防水加工をお勧め致します。

 



【紋について・・・】
■黒留袖の場合
黒留袖は既婚女性の正礼装となりますので、紋は染めの五つ紋を入れます。

■色留袖の場合
色留袖は入れる紋の数によって格が変りますので、お出掛けになる場所によって紋の数を決めて頂く事になります。
既婚している方で親戚の結婚式等の正式な場所でお召しになる場合は染め五つ紋となります。
黒留袖と同じ格式となりますので、お仕立ては比翼付きとなります。
当店では親族の結婚式でお召しになる場合は五つ紋で、それ以外の場所でお召しになる場合は一つ紋を推奨しております。

・五つ紋・・・既婚している方で親戚の結婚式等の正式な場所でお召しになる場合は染め五つ紋となります。
・三つ紋・・・三つ紋の場合も比翼を付けてのお仕立てとなりますが、五つ紋より格が下がりますので、準礼装となります。
・一つ紋・・・一つ紋の場合は比翼は付けずに普通の袷仕立てとなります。 訪問着と同じ感覚でお召しいただけますので、ご友人の結婚式やお子様の入園式、卒園式等の場所にもお召し頂けます。

■色無地の場合
当店では色無地の場合は一つ紋をお薦めしております。
紋は染め紋でも、縫い紋でも構いませんが、縫い紋の方が少し格が下がります。
お子様の入園、卒園式や少し改まった場所にお召しになるなら、染めの一つ紋を入れて頂き、ご友人とお食事等の普段着感覚でお召しになる方なら縫いの一つ紋を入れて頂ければと思います。
( 関連お仕立て : 黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 喪服 )



【帯のお仕立てについて・・・】
・綿芯とは
当店では高級三河帯芯(綿100%)を使用しております。
三河地区にて製織、加工仕上げされた「三河帯芯之証付」でございます。
*綿芯は表生地とよくなじみ、通気性に優れ、丈夫でシワになりにくいという特性があります。
当店は通常、こちらのお仕立てをお薦めしています。
( 関連お仕立て : 袋帯 名古屋帯 )

絹芯とは
ニュー真綿ヨコ糸絹100%タテ糸綿100%
(三河帯芯の伝統技術で織られた高級シルク帯芯を使用しております)
( 関連お仕立て : 袋帯 名古屋帯 )

●文化帯仕立て(簡易帯仕立て)
文化帯仕立とは、胴に巻く部分と、お太鼓の部分が分かれている形の帯のお仕立てのことです。
胴の部分を巻いて、付いている紐で結び、お太鼓部分は付いている金具を背中に差し込んで出来上がりの簡易帯です。
帯が上手に結べない方や、手が上がりにくくなった方などにお奨めです。
( 関連お仕立て : 袋帯 )

●丸帯仕立て
一尺八寸五分、約70cmに織り上げられた織りの帯地を、半分に折り合わせて芯を入れ、縫い合わせます。
長さは一丈一尺五寸(約4.5m)以上になります。
( 関連お仕立て : 袋帯 )

●平仕立て
別名、額縁仕立て。
前柄部分の幅をお好みの広さにする事が出来る上級者向けのお仕立てです。
( 関連お仕立て : 名古屋帯 )



【祝着の加工について・・・】
●祝着直し
当店でお買い上げいただきました祝着を、七五三用にお直しいたします。
こちらのお直しは通常、三歳のお子様対象となります。(5歳は身長によります)

【お仕立て価格に含まれるもの】
身上げ、肩上げ、袖丸み、紐位置換え、半衿付け(男の子は白の半衿、女の子は可愛い刺繍の半衿をお付けします)
*女の子の半衿は当店のお任せとなります。(半衿素材:ポリエステル)
*お申し込みの際は、お子様の身長と裄丈をお知らせ下さい。(裄丈は、首の後のぐりぐりから手首のぐりぐりまでの長さをお測り下さい)
( 関連お仕立て : 祝着加工 )

●祝着のし
お子様の特別なお祝いに当店にて正式な「のし」をお付けし、贈り物の準備を致します。
祝着の箱の上に紅色紙と白色紙を重ね、金糸銀糸の「のし」を結びます。
*のしにお入れするお名前をお知らせくださいませ。
( 関連お仕立て : 祝着加工 )

 


TOP