男長襦袢

 

男襦袢 ちらりと見える男のこだわり

 

男物の長襦袢は、着物を着ると襟と袖口くらいしか見えません。しかし、昔から男の着物は見えないところに凝るものであり、長襦袢は羽織の額裏と並んで凝る楽しみの対象とされています。
着物からチラリと覗くだけですが、ワンポイントのお洒落としても気を抜かず、角帯草履などと共に楽しみたいですね。




TOP