男帯

 

男角帯

 

角帯は、形は細い男帯の一種で、兵児帯の略式に対して男性の正式な帯のことです。一枚の生地で出来た単帯、一枚の生地を半分にたたむ折り帯、袋状に織ったり、仕立てた袋帯があります。素材は絹や綿、麻などの天然繊維から、ポリエステル等の合成繊維まで様々です。
男性の角帯は着物の上に羽織を着る機会が多かった為、女性の着物や帯に比べ、わずかな発達しか見られませんでしたが、元禄時代の小袖の発達と同時に帯の幅や結び方が多様化して、現在に至っているようです。




TOP