結婚式におすすめの着物

結婚式におすすめのきもの

結婚式に招待された際、和服で出席すると会場が華やかになり、喜ばれることが多いようです。
結婚式、披露宴や二次会に参列するための和装には振袖、訪問着、黒留袖と主に3種類あります。

 
振袖

未婚女性の場合、結婚式のお呼ばれに着ていく着物は第一礼装である「振袖」がおすすめです。ゲストでももちろんのこと、特に受付係やスピーチなど、ゲストの中でも特別な役割を依頼されている場合にはぜひ振袖を着てみてください。

ですが、結婚式や披露宴で花嫁が主役ですので主役よりも目立ってしまわないよう、少し控えめを心がけましょう。 花嫁より豪華な振袖や、花嫁が着用するのと同じような色柄は避けましょう。

 
店長おすすめのお振袖
店長おすすめのお振袖

美しい水が生み出した染色の美しさを存分に、そして丹後ちりめんの上質さをご堪能いただける最高級のお振袖。
お嬢様の成人式や、結婚式での場面を演出する第一礼装としての品格・重厚感を感じて頂ける、相応しいお振袖です。

紫の地色に葵や牡丹、菊、紅葉、梅などたくさんの花々が描かれています。

大和 手描き友禅振袖【葵牡丹】

 
訪問着

色留袖に次ぐ格の訪問着は立場によっては結婚式にふさわしい装いです。
一つ紋や三つ紋を入れると格が高くなり、準礼装として装えます。

ゲストとしてお呼ばれする場合、結婚式や披露宴で着るなら淡く上品な色合いの訪問着がおすすめです。

 
店長おすすめの訪問着
店長おすすめの訪問着

その桐壺が持てる技術を、存分に使った今回の創作品…
薄い灰色地には葉を紡いで線を描いたようなエレガントな創作品。

染め色の強弱、金彩加工を入れる事で、立体感・存在感のある着物に仕上がっています。

菱健桐壺 訪問着【葉線】

 
黒留袖

黒留袖は、既婚女性が着用するもっとも格式が高いとされる「第一礼装」で、結婚式や披露宴などで、親族の正礼装として用いられています。
新郎新婦の母親として和装にするなら、五つ紋の入った黒留袖を着用しましょう。

 
店長おすすめの黒留袖
店長おすすめの黒留袖

深い黒色の地色に貝合わせの柄が描かれている老舗染匠『久保耕』の黒留袖です。
源氏や、桔梗、梅などの植物文様、七宝や立涌などの有職文様が貝合わせの中にデザインされています。

ご家族の最高の舞台、主役は当人ですが、母親として門出を祝う着物としてご活用頂き、娘さんに想いをつなげて頂けたらと思います。

久保耕謹製 京友禅黒留袖【貝合わせ】

 



おすすめ和服関連商品 - きものTPO

皇室献上作家・藤井寛作 手描き京友禅本振袖【豪華爛漫】

和服オススメ 皇室献上作家・藤井寛作 手描き京友禅本振袖【...

まつかわや特別価格
950,400円 (税込)

5%還元(44,000ポイント)

皇室献上作家・藤井寛作 手描き京友禅本振袖【豪華爛漫】

和服オススメ 皇室献上作家・藤井寛作 手描き京友禅本振袖【...

まつかわや特別価格
756,000円 (税込)

5%還元(35,000ポイント)

正絹振袖【松竹梅】

和服オススメ 正絹振袖【松竹梅】

まつかわや特別価格
842,400円 (税込)

5%還元(39,000ポイント)


TOP