龍村美術織物謹製 西陣織手織り袋帯【王朝華映錦】

商品番号: 110805-t-2
商品についての問合わせ
06-6779-9506 電話で問合わせる
商品についての問合わせ


〔品質〕
・龍村美術織物 謹製
・京都西陣織物工業組合証紙No,644
・王朝華映錦 たつむら
・絹80%・指定外繊維(紙)13%・ポリエステル(金属糸風)4%・レーヨン3%
・六通柄
・生地幅:約31.0cm
・長さ:約4.5m

こちらは龍村の“手織り”でございます。 ご存知、龍村美術織物の中でも、特に柄行きの重たい最高級と言っても過言ではない誠の逸品が入って参りましたのでご紹介いたします。

上品に黄みがかった生成色の地色に、品格感じる鎧縅文様が赤や代々、藍、緑といった鮮やかなお色でデザインされており、まさに龍村ならではの風格・・・!
王朝華映錦と名づけられた通り華やかな王朝を映したかのような豪華絢爛な意匠となっております。
金銀糸使いや様々なお色目を駆使した、微妙な色彩の妙が龍村らしいこだわりを感じさせるお一つでございます。

〔コメント〕
『龍村美術織物』そもそもの起源は、染色工芸に対する功績によって美術院恩賜賞を受けた初代龍村平蔵の創業により始まって以来、現代に至るまで、古代織物の研究を基盤とする織物美術創作の伝統を見事に受け継ぎ、日々切磋琢磨されています。
『龍村美術織物』は、世界的に認められる美術織物を世に多く輩出する名門中の名門と謳われるようになった織元さんとなっております。

何よりこちらのお品は龍村の中でも最高級の『手織り』の代物でございます。たれ先にある界切り線やオランダ線が赤や青のカラフルなラインが手織りの証となっており、手織り独特の風合をどうぞ堪能くださいませ。

お着物とのコーディネートといたしましては、留袖、訪問着に付下げや色無地などのお着物と、あふれる気品の中に上質な個性を織り交ぜたフォーマルを存分にお楽しみいただける作品となっております。

◆初代 龍村平蔵
明治9年(1876)、大阪の両替商平野屋の一統、平野屋平兵衛の孫として生まれました。
幼時から茶道、華道、謡、仕舞、俳諧と文芸美術の豊かな環境の中で育ち、とりわけ俳諧において非凡なる才能を発揮。
立大阪商業学校(現大阪市立大学)に入学したころには、「雪葩」の俳号で句を詠んでいたと言われております。
16歳の時、祖父が死去。これをきっかけに西陣にて呉服商への道を進みはじめます。
その後、昭和37年(1962)にこの世を去るまで数々の偉業を残し、「温故知新を織る」という彼の言葉は、龍村美術織物の精神として、脈々と受け継がれています。


〔写真・文章・構成:森田〕
検索キーワード【フォーマル】【お洒落】【赤色】【緑色】【藍色】【辛子色】【名門・作家】【振袖用】
送料無料 着物帯 5,000円以上の帯は送料無料とさせて頂きます。

商品データ

商品番号: 110805-t-2

商品名:龍村美術織物謹製 西陣織手織り袋帯【王朝華映錦】
  • メーカー・産地・作家: 龍村美術織物
  • 配送重量(梱包込み): 1.5kg
  • 0 在庫

商品についての問合わせ
お役立ち   商品についての問合わせ
お気に入り商品リストに追加します
レビューを書く


お仕立て・加工について


TOP