桐屋謹製 辻が花訪問着【深茶】

商品番号: 130404-tho-6
商品についての問合わせ
06-6779-9506 電話で問合わせる
商品についての問合わせ


〔品質〕
・絹100%使用しております。
・丹後ちりめん
・日本の絹スタンプ
・桐屋謹製
・落款があります。
・本染め
・肩身丈:約177cm
・生地幅:約39cm

小さな花や藤が上品に舞い、部分的に光が放たれたように描かれ、絞りも細やかな大変豪華な逸品となっております。

〔コメント〕
辻が花訪問着が入って参りました!
何とも言えない素敵な色合いは、ため息が出るほど美しいですよ。

室町時代から桃山時代にかけて現れた絞り染めの技法で、最盛期に当たる桃山〜江戸時代初期にかけては、複雑な縫い締め絞り・竹皮絞りなどの高度な技法が使用され、多色染め分けによる高度な染物を創り出し、摺箔等の技法と共に安土桃山時代の豪華絢爛たる文化を演出しました。
当時は染物と言えば辻ヶ花を指すほどに一般的であったと言われています。
しかし、江戸中期に糊で防染する友禅の技法が出現・発展すると、自由度・手間の両面で劣る辻ヶ花は、急速に廃れ消滅しました。

技法が急速度で廃れたことと、名の由来が定説を持たないことから、幻の染物と呼ばれる事も多いのです。

「辻ヶ花」を構成するのは、絞りと墨絵。 絞り染は、昔ながらの方法−桶だし絞りや小帽子で模様を描き出します。
小帽子は和紙と竹の皮とを糸で括り、桶だし絞りは桶の中に染めたくない部分を入れ込み蓋できつく絞り、 染料に浸し染めます。
ひとつひとつ気の遠くなるような作業を繰り返すことで染模様が浮かび上がります。その絞りの合間に墨絵が描かれます。

墨絵には室町桃山という乱世を生きた人々の“祈り”や“願い”が込められているといいます。
先々まで美しく延び咲く藤の花には「子孫繁栄」。力強く咲く椿は「生命力」。 朝咲いて夕べには散る沙羅双樹の花は「時の儚さ」など‥‥。
見えないはずの花の萼(がく)が表に描かれたり、海の貝と空の星が共に描かれたりします。
また南蛮人がもたらした西洋のデザイン“十字架”や“天使”までもが文様となり 絵となり、着物に込められ、独特な世界観を醸し出しております。


〔写真・文章・構成:續木〕
検索キーワード【結婚式】【パーティ】【謝恩会】【お茶会】【入学式】【卒業式】【お宮参り】【お見合い】【結納】【七五三】【初詣】【記念式典】【お年始挨拶回り】【初釜茶会】【茶色】
送料無料 着物帯 5,000円以上の訪問着は送料無料とさせて頂きます。


商品データ

商品番号: 130404-tho-6

商品名:桐屋謹製 辻が花訪問着【深茶】
  • メーカー・産地・作家: 桐屋
  • 配送重量(梱包込み): 1.8kg
  • 0 在庫

商品についての問合わせ
お役立ち   商品についての問合わせ
お気に入り商品リストに追加します
レビューを書く


お仕立て・加工について


TOP